• 前のページでも少し触れましたが、消費者金融会社へのキャッシング利用申し込みはインターネットを利用することで、簡単に済ませてしまえる金融会社が数多く存在しています。
    そんな中で、近年流行しているのが「総量規制対象外携帯キャッシング」です。

    携帯キャッシングとは名前の通りに、携帯からキャッシングをおこなうということなのですが、年々遂げている進化は素晴らしく、今では申し込みから、実際に借り入れ、返済をおこなうまでの全ての手続きが携帯だけで完了してしまうほどになっています。

    携帯キャッシングの利用方法は、まずはこちらでも変わらず申し込みからはじまります。
    金融会社のホームページを開きますと、申し込みフォームが設置されていることと思いますので、そちらの必須項目を入力し、送信しましょう。
    次に求められる身分証明書類の提出ですが、こちらは携帯の写メール機能で身分証明書類を写したあとに、そのデータを指定のアドレスまで送信する方法や、専用アプリを使用することで、簡単に手元で書類の提出が完了します。

    こうして申し込みが完了しますと、審査が開始されますが、審査に通りますと、その瞬間には融資手続きが携帯からできてしまうというのも、携帯キャッシングに特化している金融会社の特徴です。
    手続き方法も簡単で、会員ページへとログインをし、融資手続き専用ページから融資希望額を入力し送信するだけで、希望の口座まですぐに振り込みが完了します。

    返済手続きもまた、融資手続きと特に変わることはなく、返済手続き専用ページから返済希望額を入力し送信するだけになります。

    コメントは受け付けていません。
  • キャッシングが利用できなくなった方でも、どうしても同じカードでお金を借りたいという方もいらっしゃるでしょう。
    他の商品や、他会社のキャッシングを申し込んでも、お金を借りる審査に通るかどうか不明瞭です。
    利用できなくなったキャッシングカードを、もう一度使用することはできるのでしょうか?

    キャッシングが利用できなくなった理由が返済遅延による貸越停止などの場合には、再度の利用は難しいでしょう。
    原因が自分自身にあるので、仕方のないところでしょうか。
    仮に、残高ゼロまで返済を完了しても、復活利用は認められない場合がほとんどです。
    結果として、解約の手続きを行わざるを得ないのです。

    キャッシングカードの磁気不良の場合はどうでしょうか。
    自分自身には、非はありませんが、この場合にはキャッシングカードを再発行することになります。
    手数料などは発生しませんが、手元にカードが届くのに時間を要する場合もあります。
    どうしても急な入用に対応したい場合には、キャッシング会社の窓口に相談するしかありません。
    場合によっては、カード無しでも一定額のキャッシングを行ってくれるかもしれません。

    利用できなくなった理由にもよりますが、できることなら、同じキャッシングカードを利用したいものです。
    キャッシング件数を増やすことは、返済負担の増加にもつながり、好ましくありません。
    どうしても借りたいという方は、一度キャッシング会社の窓口に相談するようにしましょう。

    コメントは受け付けていません。
  • 現金を借入するキャッシングには、様々な形式が存在します。
    中でも多く見受けられるのが「カードローン」形式です。
    一定の限度額の範囲内で、自由に繰り返しお金を借りることができます。
    カードキャッシングとも呼ばれています。

    キャッシングにおけるカードローンは、原則として使い道は自由ですが、個人向けのローンですので、事業資金として利用することはできません。
    中には、事業資金として利用することのできる個人時業向けローンカードを別に設けている先もあります。
    返済は分割払い(リボルビング払い)が多く、残高が0になるまで、毎月決められた返済日に、口座振替やATMで返済を行います。
    この場合の最低支払額を、「ミニマムペイメント」といいます。
    またATMや振込などで、都度返済することも可能です。

    利息は借入残高に応じて日割計算され、毎日発生するものが多くなっています。
    借入額が大きく返済が長期にわたる場合には、最初のうちはなかなか元金の返済が進みません。
    なお、金利は契約時に決定され、借入限度額が大きい程、低く設定される傾向があります。

    銀行系の総量規制対象外カードローンの他に、消費者金融のカードローンや、クレジットカード会社のカードローンもあります。
    よく「返済は計画的に」と宣伝されているように、利用時には、使い過ぎや借りすぎに注意が必要です。
    カードローンの場合には、限度額が残っているといって、次々と借入を行っていると、気付いた時には限度額いっぱいになっていた、ということも多くあります。
    あくまで、必要額に応じて上手に利用するようにしましょう。

    コメントは受け付けていません。
  • 銀行カードでそのままキャッシングできるローン商品を利用すると、カード枚数が増えずお財布もスッキリですね。クレジットカードや知らないうちに溜まってしまうポイントカードなどで財布やカードケースがパンパンという状態の方は、いかにカード枚数を増やさないかが気になります。

    銀行のカードローンでも、キャッシングのためのカードを作るものもありますし、現在利用しているキャッシュカードにそのままキャッシング機能を付けることができるものあります。

    カードを別にしないことで、家族や友人にキャッシングをしていることが知られにくいというメリットもあります。キャッシング専用カードを持っていると、お財布を見るかもしれない家族などには知られてしまうことになるでしょう。また友人と一緒いるときにキャッシングをする必要があっても、カードを見ればキャッシングをしていることがすぐに分かってしまいます。

    ネットを利用したキャッシングは、会員ページなどから自分の銀行口座に振り込みを依頼して借り入れする方法です。これなら銀行口座のカードで引き出すことになりますので、キャッシングカードは必要ありません。当然ネット銀行などではこの振込キャッシングは利用可能ですが都市銀行などでは対応していないこともあります。

    実際にキャッシングする場面まで想像すれば、借り入れ先は絞り込みやすくなります。キャッシング商品の金利比較も大切ですが、自分が借り入れているところをイメージしてみましょう。

    参考・・・初めてモビットを利用した体験談(5件)

    コメントは受け付けていません。
  • カードを使ってキャッシング便利な利用方法です。もちろん、女性専用商品もたくさんありますね。消費者金融など貸金業者が発行するキャッシングカードだけでなく、クレジットカードにも女性専用のものもたくさんあり専業主婦でも借りれるものも見つかります。

    レディースキャッシングの中には、カードの発行なしでネットや電話のやり取りのみ、店舗に行かずに借り入れや返済ができるものもたくさんあります。誰かに会って借り入れを申し込むことに不安を感じている場合は、こういった女性専用のキャッシングやローン商品に申し込むのもよいでしょう。

    また、大手消費者金融のプロミスや新生銀行カードローンレイクでもレディースローン、キャッシングとしての商品の取り扱いがあります。金利やローンとしてのスペックは通常のものと特に大きな違いはありませんが、女性スタッフの電話対応など利用しやすさに差があります。

    専業主婦の方は貸金業者のキャッシングに申し込みをすることができなくなっていますので、レイクなど主婦も申し込める銀行カードローンの利用は最適でしょう。また、ネット銀行である楽天銀行にも専業主婦の方専用のカードローン商品があります。

    専業主婦カードローンであっても、もちろん金利の違いや限度額の大きさなどローンやキャッシング自体のスペックを比較して申し込みをすることができます。レディースキャッシングの比較がしてあるサイトもありますので、いくつか検索してみることをおすすめします。

    コメントは受け付けていません。
  • 時代は移り変わり、お金を借りるために申し込みに行き、審査の間ずっと待つ、ということをしなくてもよくなっているのです。もちろん直接申し込みに行くという方法も、すぐにキャッシングのためのカードを受け取れることや相談をしながら借入金額を決めることができることなどメリットも多いのです。

    しかし、もっと気軽にどこにも出かける必要のない、収入証明不要の借りやすいカードローンもたくさんあるのです。ネットを使って、申し込みから契約そして借り入れという一連の流れを済ませることができるキャッシングは、やはり便利なことこの上ないでしょう。

    消費者金融はもちろんのこと、信販会社、銀行などいずれもキャッシング商品を取り扱っている金融機関ではこのネットによる利用が可能なところをたくさん見つけることができます。

    いずれも借りやすいという点からは、さほど大きな違いがないと言ってもよいでしょう。特に消費者金融では申し込み方法や借り入れ方法が色々と選べるようになっているところが多く、自分で使いやすいようにアレンジしていくことも可能なのです。

    お金を借りる目的も困っているからというものではなく、安心のために少し足しておくという使い方やまとまった大型ローンで買い物のタイミングを逃さない、あるいはベストシーズンに旅行に行く、といった使い方もできるようになっています。

    どのように使うのかで、自分が借りやすいと感じるキャッシングも変わってきます。まずはお金の使い方、実際の利用方法をきっちりと決めるところから借り入れ準備をスタートしましょう。

    コメントは受け付けていません。
  • 借りたらすぐ返す、これを心がけている人もいるでしょう。お金がないわけではなくて、たまたま持ち合わせがなかった朝にキャッシングを利用し、夕方即日返済してしまう、という使い方もできますよね。

    銀行口座をもう一つ持っているという感覚でも使えるキャッシングですが、即日返済をしてしまえば利息はどのようになるのか気になりますね。これは、キャッシング先によってもそれぞれ規定が違うことがあるようです。

    キャッシングなどは通常日ごとに利息がかかるものですから、1日で返済しても1日分の利息を支払わなければならないと考えておくとよいかもしれません。しかし、借り入れ金額にもよるでしょうが少額のキャッシングであれば、1日分の利息と銀行の他行や提携ATMを利用した場合の手数料をお金を借りる比較すれば概ね利息のほうが低いということになります。

    借り入れに抵抗がある、という方はこういう銀行口座代わりの利用方法をあまりしたくないと考えるかもしれませんが、少しでも節約をこころがけている人にとっては、この差は「結構大きいものだな。」と感じるのではないでしょうか。

    キャッシングは必要なものを買う時にまとまった金額を利用するだけでなく、こういった使い方もできる便利なものです。自分のペースで、ライフスタイルに合わせたキャッシングプランを立てることもできます。

    上手に使っていくことで、マネープランを見直すこともできますよ。そういったアドバイスを行っているキャッシング会社もたくさんあります。

    コメントは受け付けていません。
  • 現在の消費者金融は自宅にダイレクトメールを送ることはありません。
    送る郵送物があるとすればそれは督促状。
    もしくは申し込み時の契約書とキャッシングカードです。
    アコムでも当然ダイレクトメールはありません。

    そこには金融庁が定める法律があります。
    取り立ては強引ではいけない、そんなものだけではありません。
    利用者にとって最も重要となる「第三者に債務の事実を知らせてはならない」というものもあります。
    第三者に債務契約の事実を知らせる機会というのはどんな時でしょうか。

    例えば返済が遅れたときもその契約者の自宅に押し掛けるようなことはできません。
    そこに家族がいれば債務の事実を直接ではないにしろ知らせることとなります。
    督促のはがきも直接的なものではありません。
    プライバシーに配慮されているものとなりアコムからという差出人にはなっていません。
    今のアコム審査は使いやすくなっているだけではなく消費者も守られているからこそ利用者が多くなっているのでしょう。

    一昔前までの消費者金融は怖いところというイメージはもうないでしょう。
    今の時代に初めてキャッシングをする世代となれば消費者金融は怖いというイメージすら知らないかもしれません。
    キャッシング会社は丁寧な対応を基本としており、アコムなどは東証一部上場企業となっていますのでその対応は一流企業のものと考えてもよいでしょう。
    怖いことはない反面、利用の仕方は考えなくてはなりません。

    コメントは受け付けていません。
  • あまり知られていないのですが、消費者金融には「借入の規制」存在しています。この借入規制を「総量規制」と言い、年収の3/1以上の借入が出来ないようになっているのです……。

    カードローンに申し込む際、仮に年収の1/3以上の借入を申し込んだとしても、審査で否決されるか希望額を年収の1/3以下に減額した「利用可能額」で可決が行われます。必ず正しい年収を申告するようにして下さい。

    もしも、年収の1/3以上の借入を希望する場合は、総量規制外の銀行ローンに申し込むようにして下さい。銀行ローンの場合は、専業主婦やアルバイター、パートタイムで働く方でも気軽に申し込む事が出来ます。

    ただし、返済が滞っている方や支払い能力が無いと(審査で)判断された場合は、総量規制の有る無しに関係なく、否決される事になります。

    また、銀行ローンに申し込む時、既に消費者金融で借入のある方は、審査で不利に働くかも知れません。「消費者金融で借りている=銀行で借りられない」と判断される事が多いからです……。これからローンを組もうと考える方は、ぜひ銀行ローンから先に申し込むようにして下さい。銀行ローンの審査に否決された場合は、次に消費者金融で審査を受けるようにしましょう。

    銀行ローンは低い金利で安心して借入の出来る便利なローンです。しかし、総量規制の適用があったとしても、消費者金融ローンの「柔軟な審査とスピーディーな可決」は捨てがたい魅力があります。

    コメントは受け付けていません。
  • 銀行のカードローンは低金利が魅力です。カードローンには銀行系と信販会社系と消費者金融系の3種類があるのですが、この中で銀行系のカードローンは金利が低く設定されているのです。その代り審査は比較的厳しくなっています。

    銀行のカードローンを利用するためには、インターネットで銀行のホームページにアクセスして、ローンカードを作る必要があります。ローンカードの申し込みには、申込者の情報を入力するだけではなく、所得を証明する必要があります。

    所得を証明する書類には、市町村が発行する所得証明や、職場からもらう源泉徴収票があります。いずれもコピーで大丈夫ですが、銀行まで送付する必要があるのです。でも、その前に銀行が行う審査に通っておく必要があります。

    銀行のカードローンを利用できるようになると、お金が急に必要になったときに本当に助かります。そして、お金を借りてもすぐに返すことができれば、金利はほとんどかかりません。ですから、安心してお金が借りられるのです。

    コメントは受け付けていません。