• 現在の消費者金融は自宅にダイレクトメールを送ることはありません。
    送る郵送物があるとすればそれは督促状。
    もしくは申し込み時の契約書とキャッシングカードです。
    アコムでも当然ダイレクトメールはありません。

    そこには金融庁が定める法律があります。
    取り立ては強引ではいけない、そんなものだけではありません。
    利用者にとって最も重要となる「第三者に債務の事実を知らせてはならない」というものもあります。
    第三者に債務契約の事実を知らせる機会というのはどんな時でしょうか。

    例えば返済が遅れたときもその契約者の自宅に押し掛けるようなことはできません。
    そこに家族がいれば債務の事実を直接ではないにしろ知らせることとなります。
    督促のはがきも直接的なものではありません。
    プライバシーに配慮されているものとなりアコムからという差出人にはなっていません。
    今のアコム審査は使いやすくなっているだけではなく消費者も守られているからこそ利用者が多くなっているのでしょう。

    一昔前までの消費者金融は怖いところというイメージはもうないでしょう。
    今の時代に初めてキャッシングをする世代となれば消費者金融は怖いというイメージすら知らないかもしれません。
    キャッシング会社は丁寧な対応を基本としており、アコムなどは東証一部上場企業となっていますのでその対応は一流企業のものと考えてもよいでしょう。
    怖いことはない反面、利用の仕方は考えなくてはなりません。

    コメントは受け付けていません。
  • あまり知られていないのですが、消費者金融には「借入の規制」存在しています。この借入規制を「総量規制」と言い、年収の3/1以上の借入が出来ないようになっているのです……。

    カードローンに申し込む際、仮に年収の1/3以上の借入を申し込んだとしても、審査で否決されるか希望額を年収の1/3以下に減額した「利用可能額」で可決が行われます。必ず正しい年収を申告するようにして下さい。

    もしも、年収の1/3以上の借入を希望する場合は、総量規制外の銀行ローンに申し込むようにして下さい。銀行ローンの場合は、専業主婦やアルバイター、パートタイムで働く方でも気軽に申し込む事が出来ます。

    ただし、返済が滞っている方や支払い能力が無いと(審査で)判断された場合は、総量規制の有る無しに関係なく、否決される事になります。

    また、銀行ローンに申し込む時、既に消費者金融で借入のある方は、審査で不利に働くかも知れません。「消費者金融で借りている=銀行で借りられない」と判断される事が多いからです……。これからローンを組もうと考える方は、ぜひ銀行ローンから先に申し込むようにして下さい。銀行ローンの審査に否決された場合は、次に消費者金融で審査を受けるようにしましょう。

    銀行ローンは低い金利で安心して借入の出来る便利なローンです。しかし、総量規制の適用があったとしても、消費者金融ローンの「柔軟な審査とスピーディーな可決」は捨てがたい魅力があります。

    コメントは受け付けていません。
  • 銀行のカードローンは低金利が魅力です。カードローンには銀行系と信販会社系と消費者金融系の3種類があるのですが、この中で銀行系のカードローンは金利が低く設定されているのです。その代り審査は比較的厳しくなっています。

    銀行のカードローンを利用するためには、インターネットで銀行のホームページにアクセスして、ローンカードを作る必要があります。ローンカードの申し込みには、申込者の情報を入力するだけではなく、所得を証明する必要があります。

    所得を証明する書類には、市町村が発行する所得証明や、職場からもらう源泉徴収票があります。いずれもコピーで大丈夫ですが、銀行まで送付する必要があるのです。でも、その前に銀行が行う審査に通っておく必要があります。

    銀行のカードローンを利用できるようになると、お金が急に必要になったときに本当に助かります。そして、お金を借りてもすぐに返すことができれば、金利はほとんどかかりません。ですから、安心してお金が借りられるのです。

    コメントは受け付けていません。